Queserser
ケセラセラ?と唱えればたいていの事はなんとかなるはず**
プロフィール

miso

Author:miso
オーダーメイドキャンドルのCandle Queserserです。

ー遊び心をモットーに、自由な発想からカタチにー

オーダーは一点からOK。
ノベルティ、ウエディングキャンドル等ご要望にはある程度柔軟にお応えします。
ワークショップや演出も承ります。
茨城を拠点に関東県内中心に活動中です。

大切な日の演出や、大切な人への贈り物に。

ご注文、ご質問は下記ブログメールフォームよりお問い合せ下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

candle
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
キャンドルナイト
リンク

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.08.09_23:11


夏と言えば鍾乳洞よね!

とゆー事で行ってきました、福島県にある鍾乳洞。

鍾乳洞って行った事がなかったのですが、

最初に行きたい!と思った鍾乳洞が入水鍾乳洞というところで、

だいぶ本気の探検家になれそうなところ。

頭にヘッドライトつけてひたすら狭い暗い寒い洞窟内を膝まで水の中に浸かりながら進むという、

しかも出る頃全身びしょ濡れになるらしく、

ネットで体験談を見たら題名が「地底の恐怖体験」と、

「早くここから抜け出したいと本能が訴える」と、


確実にこれカップルで行く所じゃないでしょって事で、

キレイで見やすいあぶくま洞へ行ってきました。

DSCF4014_convert_20100809004906.jpg

え?どの辺がキレイかって?

私のカメラが悪いだけで、ほんと凄いんです。

DSCF4029_convert_20100809004938.jpg

自然に出来たものだからこそ美し過ぎるのです。

洞窟内は夏でも冬でも15℃という、半袖短パンで挑んだ私にはだいぶ寒かったです。
水垂れてくるし。

DSCF4008_convert_20100809231702.jpg

そして途中から普通のコースor探検コースへの分かれ道。
迷わず探検コースへ。

探検コースは隙間をくぐったり、落っこちそうなところを歩いたり、とりあえず狭い。

ただ入水鍾乳洞のようにずぶ濡れにならずに探検家気分を味わえるのでとってもオススメで、

個人的にはすごく楽しかったです。

DSCF4034_convert_20100809011519.jpg

洞窟の外の岩壁。

彼と二人で見上げながら一億円くれるなら登るという話で落ち着く。


洞窟を出てからはいわき市の花火大会に行く為、いわき方面へ戻ってご飯。

花火見物人でにぎわう数々の屋台を尻目に隣の海鮮丼屋で海鮮丼をいただきました。

DSCF4043_convert_20100809011615.jpg

DSCF4046_convert_20100809011718.jpg

おいしーい。ちょーおいしー。

メヒカリの唐揚げも抜群に美味しー。

屋台でイカ焼きとチョコバナナ買うーと言っていたのも忘れて

へそからネギトロ出そうなくらいお腹いっぱい食べました。


その後灯台の下にあった「みだれ髪」が突然流れる美空ひばり記念歌碑を見て、

近くの海に行きました。

DSCF4047_convert_20100809011755.jpg

キャ?冷た?い。

それ?。

やったな?コイツぅ?。

いや?ん。

パシャパシャ?。

キャッキャ?。


と裸足ではしゃぎ回り、



バシャーン。


結果彼のGパンびしょびしょ。

私のスカートびしょびしょ。当たり前のマキシ丈。


そして花火。
IMG_0914_convert_20100809011846.jpg

奇跡的に超良い場所で見れました。

私はそういう運がまるで無いタイプなので、

けっこう感動でした。

乙女キセキに感動。

http://www.youtube.com/watch?v=C_JyiOB2ru0


花火はやっぱりキレイで、

なんだか夏を一気に満喫した感じでとっても楽しい一日でした。

今度は違う鍾乳洞にも行きたいな?。




miso

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくりキャンドルへ
にほんブログ村




この記事へのトラックバックURL
http://quesersermiso.blog66.fc2.com/tb.php/143-23dbbf17
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。