Candle Queserser

キャンドルと日常。日常にキャンドルを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ッ場ダムへの想い

八ッ場ダムについて今日は一日中考えてました。

八ッ場ダム。

やんばダム。

やんばだむ。


なんて言いやすいんだろう、と。


『八ッ場』と書いてあるのを見るとどうもしっくりこないけど、

発音してみると、

なんのストレスも感じずにスッと言える。やんばだむ。

口当たりが良い。

いや、口滑り?


そう、今日はヤンバダムという固有名詞について考えていました。

なので実際の八ッ場ダム問題につきましてはテレビでもご覧頂くとして、

私は水がどうとかは言いません。

ヤンバダムの言いやすさ、だけです。


何言ってるの?という方、大半の方がそうかもしれませんが書き続けますよ。


例えば『ランバダ』と比較してみるとどうでしょう。

ランバダ、『ラ』という部分に力が入る為、

スッと言えない。

リラックスして言えない。

ちょっとだけ力を入れて少し低音にしないと発音出来ないのです。

前のめりになっちゃう。


その点、ヤンバダム。

一定のトーンで言えます。

直立不動で言えます。



ヤンバダム。

なんて口当たりのイイ言葉。

時々無意味に口にしたくなる口当たりのイイ言葉集に入れようと思います。

ちなみに他は、


カルパッチョ


とかです。




miso

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。